読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanteiganの日記

ただただ物欲本能のままに、欲しい物をあげつらう

キャロル・オコンネル ウィンター家の少女

ウィンター家の少女

キャシー・マロリー・シリーズ

キャロル・オコンネル

翻訳  務台 夏子

氷の天使マロリー、惨劇の館に挑む!

ニューヨーク市警のマロリーは

ミステリ史上最も美しくクールな女刑事

事件は惨劇の館と呼ばれるウィンター邸で起きた

殺された男は保釈中の殺人犯だった。

裁縫用のハサミで胸を刺されたのだが

屋敷にいたのは老婦人のネッダ

この老婦人は58年前のこの屋敷の惨劇で行方不明になっていた女性だった

なぜ行方のしれない彼女が屋敷にいるのか

謎が混迷の淵をたどるときマロリーの推理が冴えわたる!